早くて安い!単身パックの全てがわかる!

引越しを安く済ますために一括見積もりを

ほとんどの人は、一生の間に一度や二度は引越しするものです。進学や就職に伴って、あるいは結婚がきっかけになる場合もありますし、転勤族の方は日本各地を転々となさることでしょう。この引越しは、たとえ単身者であったとしても、あるいは、近距離であったとしてもそれなりに費用がかかるものです。それで、なるべく安く上げるにこしたことはありません。では、そのためにどのような工夫が出来るでしょうか。

一つの良い方法は、最近、インターネットで手軽に行えるようになった、複数の引越し業者の一括見積もりサイトを活用することです。では、この一括見積もりサイトとは、どのようなものでしょうか。

それは、簡単にまとめると、引越しに関係した幾つかの条件を入力して送信すると、複数の引越し業者に見積もりをしてもらえる、というサイトです。では、どのような情報を入力する必要があるのでしょうか。

まず、当然、引越し業者に運んでもらう荷物の量が必要です。自宅にある荷物を一つ一つ入力していくことを考えると面倒に感じるかもしれませんが、荷物の種類はサイト上に掲載されていますので、その中から自宅にある荷物を選んで数量だけ入力すれば良いので、さほど時間が取られるわけではありません。たとえば、洗濯機、冷蔵庫、食器棚、本棚、学習机等、基本的な家電製品や家具の一覧表の中から自宅にあるものを選んで数字を入力するだけで良いのです。

他に入力する情報として、引越し前後の住所、間取り、階段やエレベーターの有無といった家に関する情報と、家族構成や連絡先などの多少の個人情報があります。

これら必要な情報をすべて入力して送信すると、それが複数の引越し業者に届くことになります。そして、送信した直後から、引越し業者からの電話連絡やメールが届くことでしょう。正式な見積もり額は、営業マンが実際に引越しの荷物を見てから提示されることになりますので、その営業マンがいつ見積もりに来て良いかの連絡の電話です。

そして、その後、実際に複数の引越し業者の営業マンが提示した見積もり額の中から、自分の気に入った業者を選ぶことが出来るのです。引越し業者の方も、こちらが複数の見積もりを取ることをわかっていますので、少しでも安い金額を提示しようとがんばってくれることでしょう。

このように、こちらから複数の業者に連絡しなくても、一括見積もりサイトを利用することにより、業者から連絡して来てくれる上に、納得の行く業者を選ぶことが出来るでしょう。

それで、引越しの際には、一括見積もりサイトを活用して、少しでも安く済ませたいものですね。

引っ越しで一番最初にやること

決まる前まではいろいろワクワクするのですが、いざ決まると瞬時に面倒になってしまうもの、それが「引っ越し」です。引っ越し先を決めたところからすべてが始まります。まず第一に引っ越し業者の選定。それが終わると荷造り、手続きなど、やらないといけないことが山積みになります。ここまで一瞬なんですよね。それが自分を苦しめる作業を呼び寄せてしまったようにも感じます。

自分は数回にわたる引っ越し体験のなかで、引っ越しで一番最初にやることを理解しました。それは部屋にある不要なものを捨てること。部屋探しや業者探しよりも、まず自分の身を軽くすることが重要です。半年使っていなかったら捨てる、といったルールをつくって、粗大ゴミを処分したり、人に譲ったり、といったことを一通り終えて、最低限の荷物になってからすべてを始めるわけです。これをやるだけで余裕ができて、かなり快適に引っ越しを進められるのでおすすめです。

自分で引越しをするコツ

私は業者を頼まず自分で引越しをしました。その時はなるべく安くすまそうと思っていただけなんですが、実際やってみると、物凄く大変でした。荷物をまとめているときも、見た目と違い物は沢山あります。ダンボールに詰めると本当に全部この家にあったものって思うほどの量です。しかも今度はそれを運び出しまた運び入れなければなりません。ただ重い荷物を運ぶだけと思っていたら大間違い。例えば重いダンボールは軽いダンボールの上に乗せたら運びやすいことや冷蔵庫は下の水受けを外して水を抜いておかないと、他の荷物まで濡れてしまうなど以外と知らない事が沢山あります。そのデメリットも考えたうえで引越し業者に頼むのか自分でするか、そのどちらを選ぶかを後々のことも考えたうえで決めた方がいいと私は思います。

引越しにかかる費用の調べ方

引越しをする時はかかる費用や内容を確かめ、最適な方法を選ぶと効果的です。費用の相場は一括見積もりをすると比較でき、時期によって違うために安くなる時期を選ぶと節約できます。 引越しの費用は繁忙期に高くなるため、閑散期を選ぶと予約を確保しやすく便利です。なるべく安くしたい時は業者のスタッフと相談して最適な方法を考えてもらうと便利で、不用品回収をして荷物の量を減らすなど工夫をすると効果があります。 引越しにかかる費用の調べ方はインターネットで一括見積もりをすると空いた時間を使って確認でき、予算を考えて選ぶきっかけをつかめます。 費用を安くする時は複数の業者の内容を確かめ、安い金額を提示した業者を選ぶ方法が最適です。

引越し時にしておくこと

すぐにすること

賃貸住宅の解約 転校届 新居の下調べ 不要品、粗大ゴミ、家電製品、パソコンの処分 転居はがきの作成 箱詰め開始

10日前までにすること

郵便物の転送手続き 宅配サービスの住所変更 インターネット、電話の移転手続き 新居の配置図の作成

1週間前までにすること

転出届 電気、ガス、水道、金融機関の手続き NHKの住所変更 ペット類の手続き

前日までにすること

冷蔵庫のコンセントを抜き、水抜きと庫内掃除 テレビなどの映像機器・オーディオ機器の配線を外しまとめる 貴重品は、常に持ち歩くバッグに入れておく 当日すぐに使うものは別にまとめておく 石油ストーブの灯油を抜き取る パソコン内の電子ファイルをバックアップしておく

当日にすること

・旧居 近所へのあいさつ 電気のブレーカーを落とす ガス使用停止の立会い 電気・ガス・水道の清算 忘れ物チェック 鍵の返却 ・新居 管理人、近所へのあいさつ 電気の使用開始 水道の使用開始 ガス開栓の立会い

引越し後、1~2週間以内にすること

転入届 転校の手続き 公共料金の引き落とし手続き 不動産登記の住所変更 自動二輪、自動車の登録変更 運転免許証の住所変更 ペット類の登録変更届

引越しを安くするコツについて

引越しを安く済ませるには色々なコツがありますが、一般的に引越し業者を使う場合には業者都合で引越しを進めていくと安く出来る可能性が高いです。 業者都合というのは繁盛期を避けたり、引越し開始のタイミングを業者任せにしたりする事であり、繁盛期というのは新生活が始まるような3月や4月を避けたり、大安のような縁起の良い日取りを避けて、忙しい時期を避ける事で値段を下げる事が出来ます。 引越し開始のタイミングを業者任せにするというのは、早朝から、昼からというような指定をせずに業者の好きなタイミングで開始してもらう事であり、業者都合で引越しを行うと値段を安くする事が可能です。 一人暮らしの場合は単身パックのようなお得なサービスを利用する事も有効ですし、最初は業者比較をして相場の安い所を選び、業者任せで行う事は安く済ませるコツと言えます。

引越しの見積もりは納得の行くまで話し合いを

大学を卒業を機に実家に戻るため、引越しの見積もりをある有名な業者にお願いしました。 アパートに見積もりに来てもらう前に、両親が電話でおおまかな見積もりを聞いていました。見積もりが割と安かったのでその業者を進めて貰ったのです。 見積もりには若い男性の方がこられました。その時、両親が電話をした事は伝えましたが、いざ見積もりを出して貰ったら、引越し経験の無い私でも疑問に思うような高額な値段でした。 でも、私の目の前で上司に電話をして確認などを取っている様子で、「凄く安い値段でOK出ましたよ!」と高いテンションで言われ、若かった事と経験が無かった事もあり、その時は私も強く出る事が出来ませんでした。 とりあえず、お金を払ってくれるのは両親だったので、即欠はせずに一旦帰って貰いました。 その後両親に相談すると、両親も私と全く同じ条件で見積もりをして貰っていたのに、金額は半分とは言わないものの、かなり少ないものでした。 もちろん、その見積もりは断り他社にお願いしましたが、何だか馬鹿にされたような気がして悔しかったです。 引越しは金銭的にも体力的にも負担が大きいので、業者に依頼する時は自分の納得の行くまで話しを聞く事が大切だと実感しました。

引っ越し業者の決め方とは

引っ越し見積もりをインターネットで検索して一括見積もりをすると自分の情報を入力した直後に各社から電話がかかってきます 。一度に数社からのメールや電話がかかってくるので一括見積もりをした際には実際に見積もりに訪問してもらう業者をよく選んだ方が良いです。 電話やネットでは詳しい見積もりを出してもらう事は出来ないので最低でも3社には実際に訪問してもらってから引っ越し業者を決めた方が良いです。 引っ越し会社によっては訪問見積もりをするとお米がもらえたり、洗剤セットがもらえる事があるのでメリットも確かめてみると良いです。 引っ越しは料金も大切ですが作業人数や時間帯なども詳しく打ち合わせをして無理のない引っ越しをするのが賢い選択です。
PAGETOP
Copyright © 単身パック最安王【公式】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.